不動産売買の仕事は誠意をもって

 私は不動産会社に就職を強く希望していました。どうしても不動産関係で働きたいという夢があったので、それに絞って就職活動をしていました。運よく大手の不動産会社に採用になり、とある営業所で働いています。

ここ10年くらいは不動産売買もあまり活発ではありませんでしたが、最近また投機目的で不動産を買われる方が増えてきているように思います。不動産はどういう目的で売買するにせよ、大きな金額が動きます。誠意を持って対応するのが私のモットーです。そうすればすごくお客さんが喜んでくださり、この仕事をやっていてよかったなとつくづく思います。

不動産売買の仕事は売る人の誠意のあるないによって、うまくいったりいかなかったりするものだと思っています。

不動産売却方法の選び方

不動産を売却する方法には、仲介と買取が用意されています。それぞれにメリットがあるので目的によって選ぶとよいでしょう。

不動産売却にあたり仲介と買取のメリットを考えると、仲介は高値で売却できるけど、購入者が現れないと売却が完了しない。買取は、不動産会社に直接売却するのですぐに売れるけども価格が安くなりやすいと言う点にあります。

このほかにも買取には様々なメリットがあります。というのも、買取は売却主が不動産会社に移るため、責任の所在が不動産会社に移ります。売却に当たり、諸経費なども発生しませんし、手間もかかりません。瑕疵担保責任を負う必要もありません。

あとは、金額との折り合いと言うことになりますが、この点は不動産によって検討する必要があるでしょう。金額を比べて、ご自身の納得できるほうをお選びください。